Immigration Case 2

子供の教育目的での

シンガポール移住

日本でも、自分の子供には国際感覚を身につけてもらい、世界のどこでも生きていける大人になってほしい、と願う親御さんは多くいます。この国際感覚・グローバルな環境での教育に最適なのがシンガポールです。こうした「子供の教育目的」でのシンガポール移住ケースは数多くあります。

Immgration for Education

教育目的のシンガポール移住においても、シンガポールでのビザ取得、高額な物価や学費の準備、異文化の環境へ馴染むことなど、事前に心構えをし、準備しておくべきことが色々あります。お子さんの教育を目的としたシンガポール移住を考える人が知っておくべき、ポイントを整理しています。

子供の教育目的でのシンガポール移住概要

シンガポールは治安がよく、医療も整っているため、日本人にとっては海外でありながら暮らしやすい環境にあり、更にシンガポールには各種数多くの学校の選択肢があります。シンガポールは日本人が多いことから日本人学校もあり、インターナショナルスクールは世界でも有数の充実具合です。インターナショナルスクールでは日本人向けの英語補習プログラムがあるなど、日本から来られるお子さんへのケアも充実しています。こうした点からも、シンガポールではお子さんにとっても移住の負担が少なく、のびのび生活し、学ぶことができるとの声が親御さんからもあがっています。

こうした背景があり、海外移住の中でも教育を目的として移住する場合にシンガポールは魅力的な選択肢になります。日本の環境で国際的な感覚を持ち、英語で生きていく子供を育てるのは容易ではありません。シンガポールに移住することで、学校だけのインターナショナルな環境に留まらず、国際的な環境にどっぷり浸からせ、子供を真にグローバルな環境で生きていけるように育てていきたい、と考えられ移住を決意される親御さんが当社に問い合わせて来られます。

また、子供の教育移住がメインの目的でありつつ、同時に親御さんの事業・節税・資産運用といった目的も兼ねて移住されるケースがほとんどです。そのため、平行して複数の目的を実現する大規模なプロジェクトとなるのが通例です。

シンガポールへの移住においては、一般的にはシンガポールでの会社設立とその会社を使った就労ビザ取得、そして就労ビザ付帯する形で扶養家族ビザ取得、というルートになります。学生ビザでの移住については一般的ではなく、法人設立⇒ビザ取得が親御さんの移住の側面からもベストな解決策になることが多いです。

 

シンガポールへ教育移住されたご家族のプロフィール

こうした教育目的でのシンガポール移住を考える親御さんは30代〜40代の会社経営者が最も多く、外資系企業勤務をはじめとするプロフェッショナル系職種の方もいらっしゃいます。

最も多いのは、幼稚園児〜中学生の子供をグローバルな環境で育て、国際感覚や英語でのコミュニケーション力、多様性への対応力を身につけてほしいと考えているご家庭です。更にはシンガポールでの出産も含め、生まれたときからシンガポールにおいて英語で教育をしたいと計画されるご家庭もあります。

お子さんが小さいうちに海外での教育を指向されるケースが多いため、高校生以上からではなく、幼少のお子さんがいる親御さんが多いと思われます。また小さいときの方が言語や環境適応におけるストレスがかかりにくく(状況を理解しないままに適応できてしまうことが多いので)、そうした要素も鑑みて小さいお子さんと一緒に移住されるご家族が大半です。

シンガポール移住の実現方法

教育移住というと、学生ビザを取るものだと思われる方が多いですが、実際は親御さんが就労ビザを取得し、お子さんがその扶養家族としてのビザを得るルートが最も現実的です。以下は想定されるタスクのリスト例です。

  1. お子様の学校選び・入学時期の概要確定 *人気インター校狙いの場合はこの順
  2. シンガポール移住スキームと税務検討
  3. シンガポール法人の設立
  4. シンガポール法人銀行口座開設
  5. 就労ビザ申請と取得
  6. 扶養家族ビザ申請と取得
  7. 諸々の生活セットアップ(住宅、個人銀行口座、政府関係登録、電話、水道光熱費設定、、、)    など

会社経営者の場合、シンガポールで会社を設立し、自分の会社で自分を雇う形で就労ビザ(Employment Pass)を申請します。ご自身はシンガポールで会社経営をしつつ、お子さんはシンガポールでの教育が受けられる状況を目指します。就労ビザ保有者の配偶者と子供は、扶養家族ビザを申請することが可能です。お子さんの教育を目的としたシンガポール移住における大半のケースは、この方法で実現しています。

高校生以下のお子さんでも学生ビザの取得は不可能ではないものの、それほど簡単ではありません。というのは、シンガポール政府の学生ビザ発給は極めて限定的だからです。シンガポールに子供を送りたい親は世界中にいるため、誰でも学生ビザを得られてしまうと、シンガポール中の学校が外国人の子供であふれかえる状態になりかねません。そのため、学生ビザが発給されるケースは、過去シンガポールに住んでいて同じ学校に続けて行きたい場合や、家族の繋がりがある場合(例:祖父母がシンガポール人)など、特段の事情がある場合です。また、お子さんが高等教育機関(大学など)に通う場合は、お子さん自身が学生ビザ(Student Pass)を取得し、シンガポール国内の学校に通う方法も一般的です。

そしてシンガポールでの長期滞在ビザが確保できた後は、重要な学校選びが待っています。お子さんがシンガポールで通う学校の選択肢としては、インターナショナルスクール、現地ローカル校、日本人学校の大きく3つがありますが、移住の目的や入学難易度の観点からインターナショナルスクールを選ばれる場合がほとんどです。

人気インター校に絞る場合、入学時期が思い通りにならないこともよくあります。具体的には、1−2年の順番待ち、といった状況です。こうしたケースを想定される場合、まず学校選びや入学時期をある程度検討してから移住スキーム、会社設立、ビザ・・・と進めるほうが良いでしょう。

ただ、インターナショナルスクールも数多くあり、人気校が必ずしもお子さんに最適な学校とも限りません。広く見学をした上で、お子さんに合った学校を選ぶことが重要であることは言うまでもないポイントです。

Merits & Risks of Singapore Immigration

シンガポール移住で得られるもの 〜教育移住の場合

シンガポールに移住された親御さんが感じられている、シンガポールへの教育移住で得られるメリットを3つ、特にお子さんの成長の観点からご紹介します。

その1 お子さんが国際的な経験を詰める

シンガポールは住民の38%が外国人であり、多種多様な人種、出身国、食事、言語など、多様な文化が入り混じった状況を日常として体感できます。対する日本は総人口の2%が外国人とかなり低くなっています。明確な移民政策をとっておらず、今後もこの割合が大きく変わることは近未来にはなさそうです。

シンガポール住民の人種を見ると、中華系、マレー系、インド系、その他アジア(日本人、韓国人など)、欧米人など世界の縮図とも言える坩堝になっており、宗教でいうと仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教など、主要な宗教はカバーされています。そのため、祝日も中国旧正月、ハリラヤ(イスラム教のラマダン明けの祝日)、ディパバリ(ヒンズー教の正月)、イースターやクリスマス(キリスト教)、とたくさんあり、人種や宗教・文化の違いを様々なイベントを通して体験できるのです。

多様な文化に触れるという国際的な経験を積めるのは、シンガポールならではといえるでしょう。

その2 教育手法の選択肢が多く、お子さんに合った教育が選べる

世界中から人が集まってきているシンガポールでは、体験できる教育手法も多岐に渡ります。中でも、インターナショナルスクールは、アメリカ系、イギリス系、インド系などルーツとなる国もさまざまで、各校で教育方針に特色があります。有名な国際バカロレア(IB)をはじめ、イギリスの義務教育修了と同等の資格であるIGCSE(International General Certificate of Secondary Education)や、シンガポールの高校卒業資格A-levelが取得できる学校などがあります。

よく報道でも取り上げられる、世界最高水準と名高いシンガポールの公立学校も魅力的な選択肢です。ただしシンガポールの公立学校は、当然シンガポール人の教育を主眼としているため、外国人が入学するのは実に狭き門です。シンガポール人であっても人気ローカル校に入るためには、子供が2歳のときから親御さんがボランティアをして評価を稼ぐのが当たり前になっているほどで、親御さんの努力を含めた受験戦争は日本の比ではない熾烈さです。

なお、シンガポールには日本人学校もありますが、駐在員のお子さんが通うことが多く、そもそもお子さんの教育を目的としてシンガポール移住を目指す家族が選択肢とされることはほとんどありません。

教育の選択肢が多いということは、お子さんに合った選択肢を見つけられることが可能でもあり、「一般に良いと言われる教育を押し付ける」ことなく教育を考えることができます。ただ、コストは相当にかかるため、その点は留意が必要です。

その3 開放的でおおらかな社会の中でのびのび育つ

シンガポールは多様な人が集まる国で、シンガポール人やシンガポール文化ですら唯一の価値観ではなく「自分と他人は違って当たり前」という価値観が浸透しています。

そのため、生活においても日本と比べて人の目を気にせず、失敗に目くじらを立てることが少ない雰囲気があります。英語も大半の人は第二言語ですので、厳密に正しい英語を話せなくても意味が通じさえすれば、気に留める人はいません。

また、子供に対してフレンドリーな大人が多く、おおらかな社会でのびのびと子育てができます。シンガポールへ移住した人は、日本の社会がもつ文化、とりわけ子供を取り巻く環境に違和感を覚えたことが理由のひとつになっている場合も少なくありません。

その4 親御さんの税メリットや資産運用

主目的がお子さんの教育であっても、親御さんご自身もメリット享受しない手はありません。特に通常ルートである、シンガポール法人の設立と就労ビザ取得が済んでいれば、法人を使った事業や投資、また当該法人での就労が可能です。

シンガポールの法人税、個人所得税は低く、また配当収益や投資に関連する収益も多くの場合で非課税となり、税負担が極めて低くなっています。こうした親御さん側での経済的なメリットを取れると、教育や生活のコスト高を吸収して更に余剰が出る、ということも稀ではありません。(実際にはそちらの利益が大きくなって親御さんだけでもシンガポールに住み続けたい、となっているケースもあります)

シンガポール移住のリスクやコスト 〜教育移住の場合

シンガポールでの教育は大きなメリットがありますが、やはり劇的な環境変化を伴うため、リスクやコストが存在します。教育移住においては、特にお子さんへの影響を鑑みてプランニングを進め、良い経験を積める環境を整えたいところです。

その1 お子さんの英語のキャッチアップが大変

日本人のお子さんの英語力があまりない状態でシンガポールへ移住すると、英語のキャッチアップに苦労されるケースがあります。学校の授業はもちろん、友達付き合いなどの日常生活もすべて英語環境になるので、はじめのうちはストレスを感じるかもしれません。英語はトレーニングで身につけられるものであるため、英語力を伸ばす覚悟をもつことが、親御さん・お子さん共に重要となります。

なお、シンガポールへの教育移住の検討段階でよく聞かれることに、移住前に英語力がどの程度必要か?という点があります。回答としては、必ずしも移住前に英語力が優れている必要はありません。

インターナショナルスクールのほとんどは、入学する際の英語力は不問あるいはレベル確認に留まります。つまり英語力が入学要件にはなっていません。入学してからどの程度の補習が必要か、どのレベルの授業についていけるかを判断するために英語力が測られる学校は多くあります。これは入学可否チェックではなく現状把握と教育内容の調整が目的なので、心配する必要はありません。

入学後にESL(English as a second language)もしくはEAL(English as an Additional language)クラスで英語のサポートが受けられる学校もあります。こうした学校を選んで入学できれば、英語力が同レベルの友達と一緒に英語キャッチアップに励み、お互い高め合いながら楽しく学べる環境に身を置けます。

その2 学費や生活費が高い

シンガポールで子育てをしながら生活すると、日本よりお金がかかります。インターナショナルスクールの学費は高く、小学1年生の場合、年間20,000SGD(約200万円)〜45,000SGD(約450万円)かかり、授業料は学年が上がるごとに上がっていきます。日本でインターナショナルスクールに通う場合は一般には150万円〜300万円程度の費用がかかるといわれているので、日本より年100〜200万円ほど高いと考えておくとよいかもしれません。

また、シンガポールの物価水準は日本より高いため、生活費もより多くかかります。習い事や医療費といった、子供がいると発生する費用も上がります。特にシンガポールの医療費は高額で、風邪で町のお医者さんにかかり、10分の診療と薬(大半は薬局でも買える一般用医薬品)をもらうだけで500SGD(約50,000円)になることも日常茶飯事です。肘の脱臼を戻すだけでも140SGD(約14,000円)かかったこともあります。シンガポール移住にあたっては、医療関係の高額出費は想定されるため、保険などの備えは欠かせません覚悟しておく必要があります。

その3 「ザ・日本人」を育てたければ合わない

シンガポールは国際的であるなど日本にはない良さがある一方、日本で当然のように得られるものがない側面もあります。日本人ならではのコミュニケーションや人付き合いを通じて得られる、調和を大切にしたり和を重んじたりする考え方を体験できる機会は減ります。

あえていうと、シンガポールでは、阿吽の呼吸よりも自己主張をしっかりすることや前提が違う人達と話ができることが求められるのです。お子さんが今後どこで生きていくか、どんな生き方をしてほしいか次第で、どちらが適するかが決まります。お子さんが日本だけで人生を過ごす想定であれば、社会に馴染む観点でも日本で育てた方がよい場合もあります。

その4 日本の良い文化に接する機会が減る

シンガポールに移住すると、日本にある豊かな自然や四季の移ろいはありません。シンガポールの季節は1年を通して夏(25〜32度)で、薄着で過ごします。国土も小さく、限られたエリアに小さな自然保護区域がある程度です。そのため、日本のさまざまな地域や自然、季節独特の行事、豊かな芸術文化などに触れる機会は減ります。

自分の子供には日本の文化を深く感じながら育ってほしいと考える場合は、日本の学校、特に保育園や幼稚園で、ひな祭りや端午の節句、七夕、お月見など季節の行事を体験させながら育てていくのも一案です。

ただし、こうした行事を意図的に補いながらシンガポールで子育てをしているご家庭も多くいらっしゃいます。その方法として多いのが、日本の学校への短期交換留学、現地日本人コミュニティのイベント参加、夏休みに日本の実家へ1か月滞在、といったものです。

ご参考)シンガポールへの教育移住をおすすめしにくいケース

ご家庭の状況によっては、シンガポールへの移住を控えた方がいいケースもあります。ここでは代表的な例を3つご紹介します。

1. 教育方針が定まっていないとき

お子さんの教育方針や学校選択の基準について家族で合意しきれていないうちは、教育方針を明確にしてからシンガポール移住を検討し、決断する方がよいです。

シンガポールへお子さんの教育方針ビザ取得手法
子供の教育が終わった後はどうする?
移住し、お子さんがインターナショナルスクールに通い始めてから違和感を覚えて転校するとなった場合、方向転換は容易ではありません。セメスターの切り替えや定員に空きが出た場合に入学するルールになっている学校が多く、入れるまではウェイティングリストに登録して待つことになり、また、入学金を支払い、制服や教科書なども買い直すことになり、その費用も小さな金額ではありません。更には、学校を変えるというお子さんに取っての一大事件は、お子さんの正確や、進め方によっては後々までお子さんに影響を及ぼすこともあります。

シンガポール移住することだけが目的になり、肝心の教育方針が曖昧であると、その後の意思決定もふらつきがちです。シンガポールでの教育で何を達成したいかをしっかり決めてから、お子さんが実り多い経験を得られるよう移住をデザインしていきましょう。

2. 子供の特殊事情があり、移動に適していないとき

お子さんに持病があって健康面に不安が残る場合などは、健康状況が改善し、お子さんに体力がつくのを待ってから移住に備える方がよいでしょう。

シンガポールには日本人医師がいる病院も複数ありますが、医療費が高く、医療保険は民間のものになり自己負担も重くなります。得られる医療サービスや医療費の面でシンガポール移住が負担となりうるので、健康状態に不安がないことはシンガポール移住の必須要件といえます。

3. お金に余裕がない場合

シンガポールはお金持ちが大変多い国で、物価も当然のように高く、かつ年々物価は上がっていきます。現在でもシンガポールの物価や学費の高さは、体感で日本の1.5〜2倍(!)です。念願のシンガポール移住を叶えたとしても、その後の生活で節約が常に頭をよぎる状況だと幸せには暮らせません。

シンガポール生活を楽しめるよう資金を十分増やしてから移住した方が、教育を含めて選択肢が多くなるので安心です。

Immigration Planning

お子さんの教育を目的にシンガポールへ移住する家族が、移住するまでに家族で合意しておきたいことや準備しておきたいことをまとめました。こうしたポイントを抑えて十分なプランニングと準備をしてからシンガポール移住に臨みましょう。

お子さんの教育方針

自分の子供をどのような人に育てるか、現時点での考えを家族で合意しておくことは学校選びの観点でも重要です。

国際感覚を身につけ、おおらかで自由に育てたいならシンガポールが適しています。一方、周囲を慮って和を大切にしてほしければ日本で子育てをした方がよいでしょう。さらに、将来は日本で生きていってほしいのか、もしくは海外を含めて生活する場所を選択できる人になってほしいかなども考えておく必要があります。

こうしたご家庭の教育方針はシンガポール移住の要否から始まり、移住後の学校選択にも大きく影響します。教育移住で目指すことを達成するには、そもそもの教育方針を明確にしておくことは欠かせません。

シンガポールでのビザ取得手法

教育目的でシンガポールへ移住する場合、親がシンガポールで会社を設立して就労ビザを申請し、家族は扶養家族ビザを申請して、家族全員でビザを取得するケースが大半です。ただしシンガポールでのビザ取得の手続きは複雑で難しく、万が一承認されなかった場合はお子さんが学校に通えなくなってしまい、そもそもの目的が果たせません。

この万が一の事態が起きないよう、会社設立からビザ申請を含めたシンガポール移住の手続きにあたっては、移住サポートを行うプロに相談し、綿密な計画を立てて実行していく必要があります。また、学生ビザなど他のスキームに進む場合、より狭き門になる可能性があるため、学校との入念なコミュニケーションと確認が欠かせません。

ビザはシンガポール移住の最重要要件です。計画には十分な時間とエネルギーを割いて準備しましょう。

子供の教育が終わった後はどうする?

子供の教育をきっかけにシンガポールに移住されたご家族は、子供の教育が終わった後も、そのまま住み着かれるケースが多く見られます。子供には日本以外でも生活できる力を身につけてほしいという教育方針の親御さんの多くは、ご自身も同様の力を身につけたいと考え、実際に海外・シンガポール生活の継続を希望されるからです。

また、日本で今住んでいる住居の片付けやその後の管理、資産の運用方針などは、日本に戻ることを前提にするのか、そのまま海外で生活を続けるのかによって対応策が大幅に異なります。

そのため、これからシンガポールへの移住を検討される方は、お子さんの教育が一段落した後のご自身の住む場所についても考えておくと、後々問題が起きにくくなります。

お子さんの教育目的でのシンガポール移住

〜まとめ〜

  • 日本の教育・環境を離れてシンガポールでの教育・環境に切り替えるのは大きなジャンプ
  • お子さんへの負担を鑑み、入念なシンガポール移住の準備を進めたい
  • シンガポールでの法人設立・就労ビザで行くか、他のビザ(学生ビザ)で行くか
  • 合わせて親御さんの移住メリットを取ることでコストを吸収し、あわよくば更なる利益も見込める
  • 国際的な環境・グローバルな人に育てるための教育としてはシンガポール教育移住は魅力的

Immigration With Us?

当社はシンガポール移住の専門家です。日本人・シンガポール人・マレーシア人からなる経験豊富なメンバーが、皆様のシンガポール移住をお手伝いします

シンガポール移住の専門知識・経験

当社では、シンガポール移住に必要な会社設立・会社管理や税務、そしてビザの専門家集団として、創業の2014年より、100社を超えるクライアントへのサービス提供実績があります。移住の問題は、何でもご相談ください。当社にて全てが解決・完結するよう、日々情報収集と研鑽に努めております

フレンドリーかつプロフェッショナルなコミュニケーション

シンガポール移住では、海外への移住ということで検討事項は多くあります。当社では日本語でサービスをご提供、ご相談の際に言語面の心配は一切ありません。また、フレンドリーかつ問題解決へ向けた率直なコミュニケーションをモットーとし、クライアントのお困りごとがスピーディに解決されるよう心がけております

お問い合わせフォーム

2-2. Case - Education

ご興味がおありのサービスをお選びください