シンガポールでは英語が主要な言語として使用されていますが、実際には中華系、イスラム系、インド系など複数民族が共存している多民族国家ゆえ、シンガポール人は英語に加えて、中国語、マレー語などの各民族の母国語を話します。そういった環境や国の言語政策により国民の約75%がバイリンガルとなっています。

シンガポールの英語は、各国によって英語の訛りや特徴があるように、独自の発音や言い回しに特徴があります。これには前段の通り、多民族国家であることや、「母国語を英語としない」ことが理由となっており、英語の中に他の言語が入り混じったような使い方をしています。このシンガポールならではの英語は「シングリッシュ(Singlish)」と呼ばれ、シングリッシュとは、「Singapore」と「English」をかけ合わせた造語です。

シンガポールの英語(シングリッシュ)の特徴

シンガポールの英語 – シングリッシュは、いわゆるシンガポールの方言とも言え、特に中国語(マンダリンと方言を含む)とマレー語の影響を大きく受けており、アメリカやイギリス英語と比較した時に大きく3つの特徴・違いがあります。

発音、イントネーションが異なる、他の言語が入り混じる

文章の中で強弱をつけるところがユニークで、言葉の最後に独特な語尾があります。
例えば:OKのあとにLahをつける(〜よ!のようなイメージ) OK lah, can lah, no worries lah いいよ、それでいいよ、心配ないよ のように使います。

また、語尾に”〜one”がつくような話し方があります。これは日本語では一概に説明しづらいですが、中国語などの文法から直訳された英語も多々有り、”だよ”、”なの”と同じような使い方をします。

 – 例 –
なんでそんなにシングリッシュなの?
为什么你这么singlish的?
Why you so singlish one?

有声子音が少ない

カタカナのようなイメージなので、日本人にとっては聞きやすく話しやすいです。シンガポールに半年もいればあっという間に見についてしまうでしょう(笑)
シングリッシュの発音は標準的な英語とは異なり、一部の音が異なることがあります。たとえば、「th」の音を「d」に置き換えることがよくあります。例えば、”this”は「dis」と発音されることがあります。

– 例 –
Thing = ting(ティン)
but = bat (バッ)

文法が崩れる、言葉が短縮される。

シンガポールでの英語を聞いていると、ところどころ単語が抜けていたり、複数形・単数形が正しく使われていないことに気づきます。そのため、いい意味でいうと、英語が苦手な場合でも文法を気にしすぎず話すことができますし、何より相手もそこまで気にしていないことが多いです。それより大事なのは、相手に伝わることです。

– 例 –
So What to do? = So How?
Why are you so stupid = why you so stupid/ stupid ah
Why are ~ = Why ah?
I’m so tired = so tired
What should we do now? = So how?
I dont want that = dont want
Would you mind meeting up for dinner at 7pm? = Dinner at 7pm, can?

もちろん標準的な英語を話そうと思えば出来るようですが、普段シンガポール人同士の会話を聞いているとその特徴を捉えることができます。

知っていると便利なシングリッシュ一覧

シンガポールの英語の会話で頻繁に使われる、シングリッシュならではの単語をご紹介します。

– 例 –

Kiasu(キアス):臆病で他人よりも何かを逃すことを恐れることを指す言葉。競争心が非常に強いことを意味します。

Lepak(レパッ):くつろいでいる、遊んでいる、暇を楽しむことを指す言葉。くつろぎの時間を過ごすことを表現します。

Jialat(ジャラッ):深刻な、悪化した、困難な状況を表す言葉。

Paiseh(パイセー):恥ずかしい、恥ずかしいと感じることを表す言葉。

Xian(シェン):怖い、不気味、嫌なと感じることを指す言葉。

Shiok(シィォッ):素晴らしい、楽しい、気持ちの良いことを表現する言葉。美味しい食べ物や素晴らしい経験を指すことが多い。

Siao(シィアオ):馬鹿げている、頭がおかしい、気が狂っていることを指す言葉。

Angmo(アンモ):白人、西洋人を指す言葉。英語圏の人を指すことが多い。

Makan(マカン):食べ物を指す一般的な言葉。特に、食事をすることを意味します。

これらの言葉はシンガポールでよく使われ、シンガポールの独自の文化やコミュニケーションスタイルを表現するのに役立ちます。

感情を表すシンガポールの表現方法

~ lah(ラ):
Example: “Don’t be so serious lah! It’s just a game.”
「そんなに真剣にならなくてもいいよ!それはただのゲームだから。」

Got(ゴッ):
Example: “I got no time for that.”
「それに時間がないよ。」

~leh(レェ):
Example: “You’re coming for the party, right? Confirm got free food one.”
「パーティに来るんでしょう?絶対に無料の食べ物があるよ。」

Confirm(コンファーム):
Example: “Confirm tomorrow’s meeting at 3 PM.”
「明日の会議は午後3時に確定です。」

Correct(コレクト):
Example: “What you said is correct lah!”
「君が言ったことは正しいよ!」

Can(ケン):
Example: “Can you help me with my homework?”
「宿題を手伝ってくれる?」

Aiya(アイヤ):
Example: “Aiya, I forgot my keys again!”
「あーあ、また鍵を忘れた!」

Sia(シァ):
Example: “That movie was so boring, sia.”
「あの映画は本当につまらなかったよ。」

Liao(リャオ):
Example: “I’ve told you liao, no need to remind me.”
「もう言ったでしょ、忘れないから。」

One(ワン):
Example: “She’s really beautiful one.”
「彼女は本当に美しいんだ。」

これらの言葉や表現はシンガポールの日常会話でよく使用され、文脈に応じて文を強調したり感情を表現するのに役立ちます。

シンガポール人の英語力

シンガポール人の英語力は、世界標準と比較して非常に高いと言えます。国の主言語としてビジネスや英語、生活環境の様々な場面で英語がメインで使われおり、市民の多くが流暢に英語を話すことができます。
また、家で英語を第一言語として話している世帯は人口の約半分ほどを占めており、今も増え続けています。シンガポールの統計局によると、2020年時点で家庭内で最も話されている言語のうち英語が48.3%となっており、2010年から16%も増加しています。

Language Most Frequently Spoken At Home In Singapore

引用: Singapore Department of Statistics | Population Trends 2022

 

上記のような点から総じて、シンガポールは英語力を高める環境が整っており、国際的な基準と比較して非常に高い英語スキルを持つ国の一つとされています。

 

シンガポール人の英語力

シンガポールは多民族国家で様々な言語が話されているため、様々な人種の英語を耳にすることでグローバルイングリッシュのリスニング力が鍛えられるでしょう。シンガポールでは英語の他に中国語、マレー語、タミル語を母国語とした民族や、世界の様々な国から人がやってきます。(参考:シンガポールの公用語)
そのため、シンガポールは不完全な英語を使っていても寛容で、むしろ伝わっていれば文法や細かい部分を気にされることはありません。英語を学んでいる人にとっては失敗を恐れずに(ストレスを感じずに)コミュニケーションにチャレンジできるので、貴重な環境となるはずです。

関連記事